読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只今、現役女子大生。

21歳の経験値で綴ります。海外、国内、就活 etc...

お祈りメールは予想を超える辛さだった。

今日、第一志望の結果が来た。

結果は、貴殿のご活躍をお祈り申し上げます。と。

頭が真っ白になり、わけがわからない。

絶望という言葉がふさわしいだろう。

どうしたらいいのだろう。この先。。。

絶望と後悔に暮れる中、携帯が震える。

同じ第一志望を目指す仲間のグループラインだ。

通ったか通ってないかはみんな話していないようだが、

これだけ頻繁に震えているのだから、良い結果だったのだろう。

私は開くこともできずただ、その通知画面を見つめていた。

どんな顔して次みんなと会えばいいのだろう。

あ、これが就活かと。思い知った。

だれかが受かれば、だれかが落ちる。そんな世界だ。

もう気力だとかそんなものはない。

ただ、この文章を書くためにキーパッドを打つ指。

そして、左目から流れる涙。

こんな悔しく耐えがたい悲しみはいつぶりだろうか。

 

この1年間ずっと思い描き少しずつ築き上げてきていたものが崩れてしまった。

高熱でうなされながら受けたテストセンター。

わけがわからなかった。

とりあえず、問題を飛ばして飛ばして。

終わったころには、あ、これで終わったんだ。。。

とひどく落胆した。

自分の力不足だ。かつ、受からなかったのは、運命でもある。

 

受け止めるにはまだ時間がかかりそうだ。